ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

身体メンテ!

e0145301_150513.jpg

庭にも春の訪れが・・・。

e0145301_1504894.jpg

随分日にちが経ちましたがタニタ食堂でランチを頂いたあとに身体チェックもして頂きました!今だ整理券が無いと入れない状態のようですが、近隣の会社勤務の友人が出社前に整理券を取ってくれたおかげで、並ぶこと無く入れました。友に感謝。仕事柄勉強になったのと、いやはや面白かった!

e0145301_154767.jpg

ランチ後にタニタ最新の機械で全身チェック。体脂肪率、BMIなどはもちろんの事、脂肪量や筋肉量、基礎代謝量、内臓脂肪レベル、そしてアスリート指数まで(笑)

体幹部や左右の腕・脚の筋肉評価、脂肪評価も。左右ボディバランスチェックでは、自分でも気がついてはおりましたが、右への傾き。。。

そのデータに合わせての食事や運動(ストレッチ)アドバイスを管理栄養士の方から伺いました。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-31 07:49 | 徒然 | Comments(2)

クレソン・水菜の菜花!

e0145301_9335255.jpg

珍しい水菜の菜花です。もとはアブラナのみをさした「菜花」。現在は、アブラナ科の葉菜のつぼみも含める事が多いようです。水菜やクレソンもアブラナ科。

こちらはクレソンのつぼみ。
e0145301_9383192.jpg


ちょっと花が咲いたクレソン。某フレンチシェフが「大人買い」をされたので、もたもたしている間に完売(笑)試食をされている真剣な目の奥では、料理案が浮かんでいるんだろうなぁ~と勝手に想像しながら眺めておりました。
e0145301_9395028.jpg


紅心大根の干し野菜を、teaとして。写真ではわかりませんが、ローズヒップティのような綺麗な色になりました。

e0145301_9441427.jpg


続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-30 09:53 | 野菜,フルーツ | Comments(0)

まだ名前が無いトマト

e0145301_821325.jpg

神奈川県と㈱サカタのタネが共同開発をした、トマト「SPLシリーズ」。まだ正式品種名が付いていません。加熱用トマトですが、生食でもOKという付加価値付き。美味しいトマトで有名な近所の農家さんでも、直売を始めました。毎年春分の日あたりに食べごろを迎えるその農家さんの大玉トマトですが、今年は日射量が少ないことから、遅れ気味で4月上旬になるとか。朝一番に行かないと午前中には売り切れてしまう、人気のトマト。今年はこのSPLシリーズも加わり、益々「長蛇の列」が長くなりそうです。

e0145301_8282236.jpg

ジョギングコースの梅林の梅が満開でした。
先日FBで友人が「『忙しい人』と『仕事ができる人』の違い」をシャアしていて20項目あるうちの、最初が、

『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。
『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。

会社員時代の誰々さん。。。って顔が思い浮かび、おもわず、ぷぷぷぅう。。。と笑ってしまいました。私のボスは残業せず、終業時間内で仕事を終わらせかつ精度の高い人を評価していたなぁ。。。。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-28 08:44 | 野菜,フルーツ | Comments(0)

青いたまご

e0145301_11214540.jpg

横須賀の安田養鶏農場の「青いたまご タフラン」 殻も厚くて、中身も濃厚。三浦にある三崎食堂のランチに付いていました。お店のおすすめ通り、三浦の新名物「アカモク」と混ぜてご飯にかけて頂きました。

この三崎食堂6:00-15:00までの営業です。

市場の朝食 
6:00am~10:00am
市場の鮮魚と漁師料理
10:00am~15:00pm

築地場内はお味の割にコストパフォーマンスも低いと思ってしまいますが、話のタネにはいいですね~こちらはボリュームもありお味も◎

e0145301_1139742.jpg

置きもののような鳥。ホンモノです。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-27 11:44 | 徒然 | Comments(2)

パッケージデザイン

e0145301_22305222.jpg

良い商品でないと売れない時代ですが、良いものだけでも売れない時代。50種の味と、魅力的なパッケージで付加価値を付けた「麻布かりんと」。本店の麻布に行く機会はなかなか無いので、横浜高島屋で購入しました。色々なパッケージがあり、どれもお洒落なデザインです。

こちらは、店舗限定の「こがし黒蜜 かりんとまん」。中にこしあんが入っていて、外も柔らかいのです。こがし黒蜜がほろ苦さが、大人の味を引き出しています。お味も◎

e0145301_2237758.jpg


続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-24 22:50 | 徒然 | Comments(0)

熊本の圃場見学

e0145301_6575855.jpg

普段口にしている農作物がどんな風に作られているのか。その土地はどんな環境なのか。作り手はどんな方で、どんなストーリーが隠されているのか。仕事としても、そして個人としてもとても興味がある部分です。

今回は熊本の、トマト・ミニトマト・スイカ・茄子の圃場とトマトの選果場をたずね、生産者の方々に「想い」を伺ってきました。山あり、谷あり、海ありの恵まれた環境での畑作り。食事も美味しく、ふれあう方々も温かで、学んで、知って、感動して。有意義な時間となりました。

温暖な熊本の気候をメリットとして、トマトや茄子など早い時期に並んでいるのが熊本産。大型の産地の農作物は私達の食卓のそして家計の強い味方でもありますね。今回何よりビックリしたのは「スイカ」の甘さ!現場に行かないとわからない感動でした。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-23 07:21 | お仕事 | Comments(2)

kamakura 24sekki

e0145301_9283525.jpg

久しぶりに美味しい天然酵母のパンを食べました。kamakura24sekki 少し不便な場所にあるので、車、バスもしくは自転車利用で。

e0145301_9305989.jpg

丁度1周年記念で、7名のクリエイターの「作品展示」も開催されていました。こんな時いつも残念に感じるのは、作品ではなくて、製品として置かれていること。酵母の風味が効いていてパンは本当に美味しかったです。

e0145301_11152767.jpg


続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-20 15:26 | パン | Comments(0)

食と農をみつめて106年「食生活」

e0145301_9125990.jpg

2泊3日の熊本出張。復路の飛行機が、往路よりも速いのは追い風が理由だそうですね。気がつけば羽田でした。

そしてそして!届いていました「食生活」4月号!!!
私のお仕事ライフを取材頂き、この号に掲載となりました。クオリティの高い専門誌への掲載は嬉しく、光栄でもあります。

4月号の特集は「水」!

日本一の地下水都市熊本!から戻ってきたばかりのこのタイミング!!偶然とは思えません(笑)期待通り、熊本地下水の記事も。地下水と都市の共生として、熊本の美味しい水の謎にせまる内容も読み応えがありました。特集以外にも、料理人の方の食材を探す旅が「熊本」だったり、また㈱サカタのタネのK女史が書かれたミニトマト「キャトル7」の記事も興味深いものでした。(熊本のミニトマト農家さんで、丁度話が出ていた品種だったので・・・!!)。

熊本の地下水の事を調べなくては。。。と思っていた矢先!こうタイミングが整うと、私にも追い風が吹いてるように感じる根拠なき自信(笑)

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-17 09:40 | メディア | Comments(2)

かながわブランドモニター

e0145301_927351.jpg

かながわブランドモニターで今回訪問したのは、横須賀・三浦地区。横浜市金沢区にある神奈川県漁業協同組合連合会で、神奈川の漁業と海苔の加工生産の話を伺いました。山あり、海あり、川あり。米、野菜、果物、牛、豚、そして魚。街もあるので、作る人の近くに食べる人もいる神奈川県は本当に恵まれていると思います。

消費地から離れた生産地の農作物は、早めに収獲をし流通も考えた段階での出荷や、採れたての一番美味しいものは届かなかったり・・というのが現状。本当に美味しいものは現地に行かないと食べられないということですね。

牡蠣の殻を使っての海苔の養殖は、低水温になる9月~11月頃まで。11月から摘み取りを開始して、初摘み、2番摘み・・・・・年をまたぎながら繰り返し、5回程度もぐり船で摘採するそうです。でもなんと言っても1番は「初摘み!」の海苔だそうで、初摘みの海苔が出来上がる11月は、新米の時期でもあります。美味しい「海苔結び」は日本の気候に合った恵みの食べ物なのですね。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-12 09:44 | 徒然 | Comments(2)

安全と安心の狭間

e0145301_10592669.jpg

2月に開催されたJFJの公開シンポジウム「安全と安心の狭間」
=安全でも安心できない消費者の心理と風評被害について=

「安全。でも、安心できない・・」の著者である、同志社大学心理学部教授の中谷内一先生から、社会心理学の立場から、安全と安心の間には何があるのかについて、お話し頂きました。

科学的知識や専門的技術力を振りかざすのではなく、同じ目線にたって目標を共有していることを確認し合う作業が大切だというご意見でした。色々な事例を交え、とてもわかりやすい講演でした。

続きを読む
[PR]
by megkitchen | 2012-03-11 11:33 | 徒然 | Comments(0)