ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

1/4の奇跡 ~本当のことだから~

e0145301_9374735.jpg
養護学校で教諭をしている一人の女性と子どもたちとの交流をつづり、命の尊さを説く心温まるドキュメンタリー映画「1/4の奇跡 ~本当のことだから~」観て来ました。

障害を持ちながらも力強く生きている子どもたちとインカ帝国や宇宙の神秘とのつながりを紹介し、一人一人の存在理由に及ぶまでスピリチュアルな視点から探っていく映画です。
藤沢市民会館で開催された自主上映会の主催は、幼稚園から中学校までずっと一緒だった友人。彼女はいつも私に刺激を与えてくれる存在。




大学を卒業して、(お洋服の)デザインの勉強をするために、パリで生活をしている。と友人から聞いた、2ヵ月後に、偶然にも私はパリに行く予定をしていたので、ネットなど無いその頃。彼女のお母さま経由で連絡を取っていただき、久々の再会はお洒落にもパリでした。彼女の留学生活が終わるその年の12月にも、私が会社を辞めて時間があったので、3週間ぐらいアパルトメントにお邪魔しました。彼女の案内するパリは、本当によかった!朝早くおきて近所のパン屋でフランスパンを買って、まちきれず焼きたてフランスパンを帰り道で食べてしまったり、、、(塩味の聞いたおいしーいパンでした)、いかにも、、ではない美術館を教えてくれたり、「ここから見るノートルダム寺院が綺麗なの」と、案内してくれたり。「疲れたときはここ」と名のない教会に連れて行ってくれたり。Cディオールの社員食堂にもぐりこませてくれたり、フランス人の友人達とのクリスマスパーティに連れて行ってもらったり、雑貨屋さんセレクトショップなど、、と大満足、大満喫の時間でありました。

帰国後、「出る杭は打たれる」日本社会でとっても苦労をしていたけれど、最後は自分で会社を作って、オペラ歌手の方の舞台衣装を手がけるなど、それはそれは(外からみれば)華やかな世界に居たけれど、デザインの世界にピリオドをうち、「福祉」の世界へ。足を引っ張りあい、身も心も削られていた世界から、「皆が平和で幸せでいられますように」という世界にいる彼女は、とっても輝いていました。心も平和でした。

最近は、○○さんの家のトマトは美味しい。△△さんの家の梨は美味しい。など地元の嬉しい情報を教えてくれます。(藤沢は海のイメージが強いかもしれませんが、美味しい農園が多いのです)

映画の中でも出てきたコトバ「意味の無い出会いはない」。まさしくその通りであります。映画は都内でも自主上映会などあるようです。ご興味ある方はぜひ見て下さい。

写真は子供の頃から見慣れた江ノ島の風景。ヨットやウインドサーフィンを楽しむ人でにぎわっていました。海はいいですね~~。ランチに食べた「生シラス丼」、シラス漁の解禁後ということもあり、大混雑でしたが懐かしい味でした~。
[PR]
by megkitchen | 2009-04-07 10:03 | 徒然 | Comments(0)
<< 築地で働く人たちの朝食 自転車の愉しみ方 >>