ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

恵方巻 と きゅうり

先月「青果物健康推進協会」主催の講演会に参加しました。参加者とパネラーとでのディスカッションの中ででた「恵方巻ときゅうり」の話。

節分の日に食べる「恵方巻」。ここ数年東京でもコンビニなどで目にするようになりました。
中に入れる7つの具に必要だといわれるきゅうり。そのきゅうりが旬でない冬に大量に出荷されるのが、恵方巻に使うこの節分の頃だそうです。

節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりするのが習わし。「まるかじり」です。ですから、具に使われるきゅうりも、恵方巻きに合わせた長さが必要になります。「まっすぐなLサイズ」のきゅうりのみが選ばれるのです。これは、コンビニなどで売られている「恵方巻」のお話です。

その日だけのために、冬に育てられる「まっすぐなLサイズ」きゅうりくん達。これが今の現実なのですね。

e0145301_1214732.jpg


気分直しに向かった神楽坂。




NZ産の100%天然のはちみつです。

写真右のラベンダーは、香料など一切使用せず、みつばちがラベンダーの花から集めたはちみつです。ラベンダーの自然な香りは癒し効果もあり、お肌にそのままつけても良いそうです。

この一週間でNZにかかわるお仕事をされている方、NZをこよなく愛する方など沢山の方にお会いできました。共通項は目の輝きと自然体であること。みなナチュラルに生きているのです。

野菜も人も規格外でもいいのになぁ、、、と改めて感じたのでした。
[PR]
by megkitchen | 2009-02-06 12:25 | 野菜,フルーツ | Comments(0)
<< 食育授業 =奈良= 酒粕でホワイトソース >>