ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

加賀野菜

e0145301_21413663.jpg
金沢で購入した野菜。金時草、加賀れんこん、吹立菜、五郎島金時、せり。

加賀野菜として認定されているのは、現在15品:

打木赤皮甘栗かぼちゃ、さつまいも、源助だいこん、二塚からしな、加賀太きゅうり、金時草、加賀つるまめ、ヘタ紫なす、加賀れんこん、金沢一本太ねぎ、たけのこ、せり、赤ずいき、くわい、金沢春菊。

源助だいこんも購入したかったけれど、荷物の多さに断念。その代わりに吹立菜を。加賀野菜には認定されていませんが、金沢の地野菜です。

ランチに伺ったお料理屋「松由」でいただいた加賀野菜は、二品。まずは源助だいこんと牛すね肉の蒸し物。これはこれはすっごく美味しかったのです。もう一品は加賀れんこん。おろしてから火にかけて練ったもので蟹(香箱蟹)を包んで、そこに海苔をまいて磯辺にし揚げたものをいただきました。これも絶品。「れんこんが新鮮だからだせるこのねばりです」とご主人。ランチの、ミニ懐石はコストパフォーマンスもよく、繊細でとても満足のいくお食事でした。(12時過ぎに伺って帰るまでお客様はおみえにならず、、、貸切!?状態で、これまた嬉しい幸運でした)




e0145301_2263530.jpg
市場で売られている加賀れんこんです。ひとつひとつに値段がかかれています。お高いです(笑)でも「松由」のご主人に加賀れんこんのお料理の方法を教えていただけたので、迷わず購入。

加賀れんこんは、新鮮なうちに家に戻ってすぐに、いただいたものと同じように磯辺で。金時草はおひたしで。吹立菜は胡麻和えにしました。五郎島金時(さつまいも)は、蒸かしてそのまま。繊維がすくなくあまーいお芋でした!!(まだ残っているので次はスイートポテトかな?)

加賀野菜は京野菜のようにブランド化され、上手な販売がされていると思います。日本各地まだまだメジャーになっていないけれど美味しい野菜や、きちんと生産している農家の方は沢山いると思います。ブランドではなく、どんな生産者の方がどんな風に野菜を育てているかは重要な要素。今回、吹立菜に虫食いの穴があったので安心して選びました。東京でみかける野菜は、虫も食べていない野菜が多くなってきています。虫はよーく知っています。これは食べてはいけない野菜だということを・・・・。

きちんと最後まで食べること、、、が野菜たちへのリスペクトですね。よいお野菜をみつけると料理もたのしくなります~。
[PR]
by megkitchen | 2009-01-12 22:02 | 野菜,フルーツ | Comments(0)
<< 那珂湊市場 小雪がちらつく金沢 >>