ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

愛知県産地視察

e0145301_13582496.jpg

昨年末は渥美半島の産地視察をいたしましたが、今回はご縁があり知多半島の産地視察へ。毎回思う、農業先進県の愛知県。自動車産業のイメージが強いですが、農業県でもある愛知。

アベノミクスの『攻めの農業』の好事例?と思えるような、生産者の方々からお話を伺うことができました。

e0145301_1442267.jpg

大きな車輪は私の身長ほどあった!これを数台含むトラクター数18台!水稲、大豆、麦で売上2億超。農商工連携での醤油販売や、6次産業化での直売所は今月オープンする予定。主力のお米は、営業いらずで、約6000俵が売れていくというから、凄い。現状に満足せず、まさに「攻め」の農業経営。





e0145301_14101287.jpg

微生物(善玉菌)散布用のラジコン。化学肥料、農薬に頼らない米作りで、目指すのは「一度食べたら忘れられない味」の米だとか。

e0145301_14103362.jpg

もともとは畜産農家だったそうで、堆肥は仲間の畜産農家から譲り受けたもの。長い温度計を刺して、堆肥の温度管理も。この堆肥も美味しいコメづくりには欠かせない存在。


この後、「農家に『NO』と言える、直売所」の”げんきの郷”でランチと視察。作り手である生産者の皆様自らが決めた高い品質基準を通った商品しか並ばない直売所。ズルは許されず、徹底した管理のお話は、こちらもある意味『攻めの農業』。最後に伺った、生産から加工、販売まで一手に手がける養豚農家さんの取り組みも素晴らしかった。

写真は撮り損ねましたが、げんきの郷で購入した、いちご「ゆめのか」(愛知県で開発)は、糖度と酸度のバランスよく、美味しかった。いちごは直売所買いにかぎりますね。初めて食べた、トマト「瑞健」も、甘味が食感も含め食べごたえがありました!
[PR]
by megkitchen | 2013-04-02 14:21 | お仕事 | Comments(2)
Commented by まーたん at 2013-04-04 00:00 x
愛知県は農業王国~
豊橋から名古屋までの車窓も田園風景一色です
緑一杯の季節はとっても目にいいんですよね

それにしてもトラクター18台とは びっくりです どこに保管できるんだろう~
都会ではそんな心配するけど むこうは個人農家の方々の土地は広いですね~
デコイは個人的にとっても好きな鳥です アップがいいわ~♪

Commented by megkitchen at 2013-04-04 09:18
まーたんさん

堆肥の牛・鶏・豚糞も近くに行かなければ気にならなかった
けれど、これも都会であれば、気にせねばならない部分
ですよね。

近隣の農家さんが、離農されたことも追い風になったとか。
海あり山あり畑あり・・・国際空港もあって愛知は恵まれた
環境だな~と改めて思いました。
それも日々の努力や工夫があってのこと!ですね。

<< アル・ケッチァーノ奥田シェフのお料理 金沢文庫~鎌倉 ハイキング >>