ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

西へ東へ 

e0145301_117351.jpg

すぐ横は住宅街・・・とは思えない八王子の風景。

e0145301_1192467.jpg

珈琲の殻を使って脱臭するという、都市型ファームならではの工夫とご苦労。

e0145301_11105675.jpg




翌日は千葉の養豚農家さんへ。こちらでは、厳選した塩だけを使った生ハムや、発色剤等使わず無添加のソーセージ等を加工されています。

どれだけ丁寧に作っても市場に出荷すると叩かれてしまうという豚肉の価格。直接販売することで、「適正価格」での販売を目指している、腕に自信がなければそんなことはできない・・・こだわりの養豚農家さんでした。しゃぶしゃぶで食べさせて頂いた豚バラ肉の脂が美味しかったこと。

e0145301_11161189.jpg

熟成は2年。

e0145301_11163322.jpg


お話を伺いながら、目の前で生ハムをスライスしていただくという贅沢な時間。
e0145301_11165576.jpg


作り手の想い、こだわり、真摯に仕事に向き合う姿勢・・・現場に行かねばわからないことはたくさん。
[PR]
by megkitchen | 2013-01-23 11:17 | 徒然 | Comments(4)
Commented by まーたん at 2013-01-23 22:49 x
え、これが八王子の風景??北海道かしら と目を疑うほど
きれいな時間にシャッターを切られましたねぇ
コーヒーは 義父が飲んだ後の出し殻をアッシュトレイに敷き詰めていた記憶がありますね
住宅地が近いから気遣いなんですね~ 
Commented by pain-mimi at 2013-01-24 09:26
megさん

豚バラのしゃぶしゃぶ・・・いいですね~♪ 脂身の甘さ、想像しちゃいます^^ megさんのblogから 豚=みやじ豚 とインプットしてましたが、そう!千葉は養豚が盛んでしたね。 中学校の隣家は豚を飼ってました。 昼休みによく見に行ってましたっけ。。。
Commented by megkitchen at 2013-01-24 09:27
まーたんさん

高台に立地していて、帰り際坂をのぼりきったところで
パシャリ。
すぐ横は、バスが走っているのですけどね・・
お菓子の工場ででた残骸を再利用そうです。
消臭目的と、発酵させて飼料にもなるとか。
牧場主さんが、牛が大好きなことが伝わってきて
愛情深く育てられているんだろうな~と思いました。
牛が人を怖がらす、逆に人なつっこくやってくる・・・・
ミルクもありがたく飲ませていただきました。

Commented by megkitchen at 2013-01-24 09:31
mimiさん

ブランド豚にはブランド豚のこだわりが
それぞれにあって・・・・。
千葉から、7つめの信号を左にまがれば
銀座に・・・なんて車がまだまだ普及していない
時代からの、養豚業のお話はそれはそれは
興味深いものでした。
今はだいぶ減ってしまったようですよ・・・。

<< 足早にすぎる1月 雪の翌日 >>