ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

紫水菜

e0145301_21502288.jpg

平塚で自然農法で野菜を育てている臼井さんの水菜。F1品種は絶対に作らないと言うこだわりの農家さんです。深みがあり、しっかりした味の野菜。濃い!

e0145301_2151243.jpg

レストランではバーニャカウダで頂きました。



e0145301_21534427.jpg

紅まどんな(愛媛産)。ゼリーのような食感は、毎年必ず食べたいな…と思わせる魅力的な柑橘です。

e0145301_21545058.jpg

庭のきんかん。鳥との戦いです。形は悪いけれど味はまずまず。

おまけ:
審査する立場になった「東北5県 しいたけプロジェクト」レシピコンテスト。受賞作品を再現してみました。茶碗蒸しのように写っているのは、スープです。鍋以外にも、しいたけを是非!


e0145301_21571978.jpg

[PR]
by megkitchen | 2012-12-17 13:47 | 野菜,フルーツ | Comments(2)
Commented by pain-mimi at 2012-12-18 09:52
megさん

紫水菜! 初めて聞きました、こういう野菜もあるんですね~!
普通の緑色水菜は、味も素っ気もないもの、、、と部類分けしちゃって滅多に買わないのデス^^; でもこの濃い紫色、惹かれました!!海藻のような?葉、、、食べてみたいなー。どんな味なんだろう・・・^^
Commented by megkitchen at 2012-12-18 10:08
mimiさん

緑色の水菜もこの臼井さんがつくられたものは、味も素っ気もあるのです!存在感たっぷりで、水菜のポジショニングがかわると思います。
っで、紫の水菜は、噛むうちにわさび菜のような辛みがでてきて大人の味です。寒い季節をきりぬけてきた、たくましい野菜の味がしました。

<< バニラビーンズとシカ肉 奇跡のりんご >>