ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

全国高校生 みんなde笑顔 プロジェクト

e0145301_1917644.jpg

食や農の取り組みで被災地もふるさとも笑顔にしよう!という高校生プロジェクト。全国の高校生が、被災地の抱えるニーズをもとに、被災地が笑顔になるアイデアをプランニング。実現性が高いチームが選考され、プロジェクトをすすめる上での現地への交通費等が助成されます。

連休中に行われた関東地区の高校生がプレゼンをする公開ヒアリングに行ってきました。写真は一通りのプレゼン後、更なる質問を協議会委員の方々から受けているところ。





養蚕を昆虫食(!!!)の観点で見なおし、福島県川俣町(絹の町)とのコラボで養蚕産業復活を目指す!という神奈川県の相原高校。お米と蚕で作ったカイコセンベイは、絶賛!でした。

e0145301_19281793.jpg


e0145301_19525458.jpg

人形劇とパワーポイントをあわせ、わかりやすく高校生らしいプレゼンテーションでした。

e0145301_19312685.jpg

こちらは、学食に大船渡産野菜のメニューを取り入れ、都内スーパーでの被災地フェアを開催予定(既に大田区のスーパーに交渉済み!)の頌栄女子学院。陸前高田のりんごを使っての「女子高生が食べたくなるスィーツ」を開発。既に案を現地の菓子メーカーに送り、試作品を作成中だとか。大船渡の高校生に電話取材をした記事等を掲載している手作り新聞は「大震災を風評価させない為」のもの。港区内の小中学校やチームメンバーの母校小学校に掲示してもらっているそう。

プレゼン力、企業への交渉力、実行力、アイデア。高校生とは思えないほど素晴らしいものでした。

協議会委員の方々からも、ビジネス視点やプレゼンを上手に行うポイント等の対大人と同等のアドバイスが各チームに送られていました。(私も参考になりました)

北海道から九州まで、合計230チームの中から、数チームが選ばれるそうです。充実した生活を送っている高校生たちは、輝いていました。
[PR]
by megkitchen | 2012-07-17 19:49 | お仕事 | Comments(0)
<< ベジタブルマラソン サンセット ウクレレライブ >>