ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

大阪へ スーパー青果担当者向け 研修

e0145301_7375863.jpg

販売されている側の野菜果物の摂取量が少ない!のが現状です。どんな売場にしたら、どんな商品だったら購入の動機付けになるのか・・・。

ご自分の食生活を見なおしながら、「生活者・消費者目線の売場作り」を目的とした研修をスーパーマーケットの青果担当者向けに行いました。

研修後は、関西のスーパーを視察したり(思わぬ収獲も!)デパ地下巡りをしたり。。。関東との違いなども自分の目で確かめてきました。徳島県産のいちご・・・魅力的でしたが、移動を考えて断念・・・。次は日帰りではなく、のんびり訪れたいです。
[PR]
by megkitchen | 2012-03-01 07:48 | お仕事 | Comments(2)
Commented by pain-mimi at 2012-03-01 15:57
megさん

大阪では果物の販売も摂取も低いの? 大阪出身のママ友が数名居ますが小さい頃から果物を食べる習慣がなかったとか。 なので自分の子供にもバナナくらいしか思いつかない、と話してました~。 東北の田舎出の私はおやつは季節の果物!だったので信じられなかったでーす。一日みかん7つ食べてたのもどうよ?な感じですが^^;
Commented by megkitchen at 2012-03-02 22:18
mimi-san

子供のころからの食の習慣付けって大事ですね。
和歌山産の柑橘は関西の方がお安い気がしました。
気候に恵まれた日本は美味しい果物が一年中手に入る
恵まれた環境なのにもったいないですね!
明日は雛祭り。その頃から、柑橘⇒苺にシフトかなぁ(笑)



<< 湘南藤沢市民マラソン大会 農業活性化 >>