ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

WAKANUI(東麻布)

e0145301_16133100.jpg

NZのワインを堪能しながら、NZの食事を楽しむ会。この日の為に特別ワイン3種のご用意が
ありました。白2種、赤1種。輸入会社担当者の方からのワインのご説明・・・
ソーヴィニヨンブラン2種は、NZワインには珍しく1つはコルクで。スクリューとの違いが
ものすごーく出て、ワイン好きにはこちらのコルクが大人気。複雑な味がお料理にも合います。
そもそもCPが良いNZワインですが、『お友達価格でOK』とのお言葉に甘え後日購入致しました。
この日の赤はメルロー/カベルネ。

e0145301_16162868.jpg




NZなのにバーニャカウダ?はさておき(笑)日本のフレッシュ野菜堪能の前菜から始まって
マグロ&アボガド、ワインにものすごく合う燻製サーモン、骨が細いほど生育期間短い羊・・という
臭みのないラムチョップ、それに加えてドーンとビーフ。和牛のような霜降り肉ではなく、
赤みたっぷりの牛肉です。

ラムとビーフに添えられた、玉ねぎのグリルもものすごく美味しかったです。

半個室でしたので、遠慮なく写真を。20人弱のミニパーティは、デザートタイムで立食に
なり、『飲み足りな~い』(人がほとんど・・・笑)人は、更に赤ワインを追加で・・・。
メルロー/カベルネよりやや重たい赤でしたが、おしゃべりに夢中で聞きそびれました。
もう少しゆっくりしていたいのに~と後ろ髪引かれながらも電車の時間を気にして帰る位が
最近は丁度よいです。

こちらのお店はNZからビーフやラムの輸入をてがけるこちらの会社が運営されているので、
アミューズにラムチョップ(350円)食べながら1杯・・というのも可能だとか。
このラム・・本当に絶品です。ナチュラルミートクラブのものでこちらで購入可能です。
国産を応援する私ですが、このラムには脱帽です。お店が混んでいるのも納得です。

同席の週刊ホテルレストランの社長からは、最近の美味しいお店情報を教えて頂いた
うえに(どのお店も私でも行けるような"りーずなぼー"なお店・・最近はそういう傾向だとか)
その時に話があがった、CIAでの国際料理会議(2010年のテーマは「日本の味と文化」)が
特集された号を含む数冊お送り頂きました。
そのうちの1冊になんと私が秘書をしていたボスが表紙に・・・笑

この国際料理会議:WOF(ワールドオブフレーバー)の話は参加された方に少しだけ伺った事が
ありとても興味深かったので雑誌は読みごたえありました。
いわゆる懐石料理や鮨の他にも、焼き鳥、うどん、そば、ラーメン、お好み焼きなど多岐にわたる
日本の食を披露できた貴重なカンファレンスです。参加された職人の皆さまの声も掲載されています。

ワイン・料理だけでなく、会話も含めての"食"はやはり楽しいですね。


WAKANUI

東京都港区東麻布2-23-14 トワ・イグレッグB1F
電話:03-3568-3466
[PR]
by megkitchen | 2011-07-09 17:16 | 外ごはん(その他) | Comments(0)
<< トウモロコシとかぼちゃ 日本一ちいさな牧場 飯田牧場 >>