ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

地元ブランド

e0145301_132353.jpg
先日の公開シンポジウムで配られたパッションフルーツ。千葉県産です。種も食べます。外皮が紫色になったら食べごろ。このようなPR活動も大切ですね。

e0145301_1335496.jpg

マクロレンズで撮影。
TAMRON SP AF60mm
マクロレンズでの撮影はやはり楽しいです。





先週は藤沢市の食育推進会議も開催されました。幼稚園や老人施設での食育への活動事例と地産地消活動の事例発表。直売所わいわい市場 藤沢店はとても人気だとか。良いことですね。幼児も、高齢者も「咀嚼」が話題にのぼりました。食育推進会議には藤沢市の歯科医師会の代表の方も参加しています。歯科医師会では歯科医師の立場からの「咀嚼教室」も開いているのだそうです。上あごでただ潰して呑み込んでいるだけなのか、繊維質の多い野菜を噛むには・・など歯科医師の立場でのご指導は、個人的にも興味深かったです。会議の場を通して、情報交換ができつながりが広がっていき、市内の食育活動がより高いレベルのものになっていくのは理想的だなと感じました。

農政ジャーナリストの勉強会で聞いたばかりの、神奈川県内の地産地消給食プロジェクト。市場や卸し、流通業者を巻き込んでの取り組み。藤沢市でも年に3回、県内産の農作物だけの給食日があるそうです。私は小学校校長会代表の校長先生の隣席。会議前に給食の話を致しました。「地産地消」だけでは子供は食べてくれない・・のお言葉には説得力あり。農体験や畑見学など「地産地消」と「給食」の間に取り入れるべきものはまだまだありそうです。

地産地消に「湘南」ブランドの威力は少ないかもしれませんが、外から見たら羨ましいブランド力。「湘南ふじさわ産」を使っている外食産業には今後、店頭にロゴが掲載されるそうです。「藤沢炒麺(ふじさわちゃーめん)」なるものもあるとか(笑)シラナカッタ・・・。

色々な取り組みを、市民にどう伝えていくか・・が今後の課題かもしれません。
[PR]
by megkitchen | 2011-02-01 13:22 | 野菜,フルーツ | Comments(2)
Commented by pain-mimi at 2011-02-01 16:40
咀嚼・・・うぅ~ん、大事な事ですね! 脳にも刺激与えるとか??もっと噛んでいれば良かった、遅いかしら^^;;; 噛むことは娘が食べられるようになってとても意識してきました。 胡瓜や大根のスティックがおやつがわり。 野菜の煮物やお肉も割りと大きめに作って噛み千切る練習を・・・でもね、megさん、給食参観に行ったらメニューが「肉じゃが」で。。。形のないじゃが芋・人参にびっくり。 大きな釜でたくさん作るからしょうがないのかもしれないけど、「上あご」だけで飲み込めました^^;
Commented by megkitchen at 2011-02-01 20:22
mimi-san

給食参観があるのですね~。
mimiさんのように、関心ある方は
積極的に参加されるのでしょうね。

栄養士さんの悩みは無関心層をどう
引き寄せるか・・でした。
モチモチのベーグルも咀嚼ですね!
あぁ~~美味しそう~。
<< ギフトショー ベジフルセラピー その2 >>