ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

天平の至宝

e0145301_9354077.jpg
12/12まで開催していた、「東大寺大仏」@東京国立博物館。大仏様の手の原寸大レプリカが展示されていました。この右手の意味するところは「畏れることはない。安心しなさい」左手は、「願を叶えます」という事なのだそうです。

大仏さまは流石に奈良からの移動は有りませんでしたが、東大寺の外で展示されことは「初」の八角燈籠は、堂々たるものでした。大仏さまは二度の災害に合い、その時々で修復がされてきましたが、この燈籠はその災害時にも、被害を被らなかったPOWERある燈籠です。(しかしながら、最近の"酸性雨"対策の、コーティングをされたとか・・・・・奈良時代から現代までの災害に巻き込まれなかったというのに、恐るべし酸性雨)

普段は見ることが出来ない、大仏さまの台座に残される大仏さまが当初は「金色」だったという名残の部分(映像)や僧侶の方からの直接のお話など、終了してしまいましたがなかなか見ごたえがある展示会でした。

e0145301_9471989.jpg

[PR]
by megkitchen | 2010-12-13 09:47 | 徒然 | Comments(2)
Commented by さんきち at 2010-12-14 13:19 x
頭は青かったそうです。
ちょうど先週NHKでやってましたよ。
Commented by megkitchen at 2010-12-15 01:03
さんきち殿

頭=青???ですか~。
青い頭に、金色のBODY。凄いですね。
しかしながら訪れるたびに、自分の心を見透かされている
感じがしています。

江戸時代にも行ってみたいけれど、
奈良時代にも行ってみたい。
<< ダイコンの品種研究 覆面調査 >>