ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

よこはま青果塾 @三浦 その1

e0145301_9525247.jpg

何の花だかわかりますか?
答えは
「アーティチョーク」

なんて美しい花を咲かせるのでしょう。

今回の「よこはま青果塾」(八百屋さんによる八百屋さんのための塾)では通常の横浜中央卸売市場から場所を移して、三浦にある「神奈川県農業技術センター」や地元の農園などの見学会になりました。

アーティチョークの花は技術センターに咲いていたものを頂きました。すごーく重い花なので、クリスタルの重たい花器の漸く活躍のときがやってきた!そんな感じです。





今の時期は、かぼちゃや、種無し小玉スイカの研究などが進められていました。受粉に使われるミツバチは、スイカよりカボチャを好むのだとか・・・。

青森以外にも「にんにく」を・・と三浦でのにんにく栽培を研究されていたり、輸入100%のザーサイ(海野)ですが国産のザーサイを!と、研究栽培されていたりと、農業技術センターの皆様の日々の努力を知るよい機会になりました。

三浦市では耕地面積が減ることが無くむしろ増えていて、高齢化が進みそれが深刻化している農業従事者ですが、30歳代やそれ以下の年代も多く後継者育成もきちんとされています。

三浦大根を筆頭に三浦の野菜は多く出回っていると思いますが、この時期からはなんといってもスイカ!しかしながら、受粉時には、ビニルでできたハウスの小さい版(トンネルと呼ぶそうです)にもぐって、匍匐前進(ほふくぜんしん)しながら、作業を行ったり、風の強い三浦海岸で、飛ばされないようにと寝ずに畑の見回りをしたりと、かなりの労力。単価が下がってしまうと「見合わない」とスイカをやめてキャベツに切り替える農家の方々も少なくないようです。

スイカがだんだん手に入らなくなってしまう。。。なんて事がないように、労力に対する正当な対価!と考え、どうぞ皆様ちょっとお高く感じてもそれを作っている生産者の方々のこと。未来のことを考えて、ご購入し夏の風物のスイカを味わってくださいませ。

e0145301_953490.jpg

[PR]
by megkitchen | 2010-06-24 10:15 | 野菜,フルーツ | Comments(0)
<< よこはま青果塾 @三浦 その2 サボテンの花 >>