ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

とちおとめ と やよいひめ

e0145301_9433722.jpg
左が「とちおとめ」右が「やよいひめ」です。群馬県いちおしの「やよいひめ」。大粒で果皮がしっかりしています。酸味は少なく甘みたっぷり。雛祭りの季節にピッタリのネーミングもよいですね。from群馬より。(いつもありがとうございます~♪)地元の農産物に自信をもてるのは素晴らしい!食べ比べ・・楽しませて頂きました。やよいひめは、群馬県農業技術センターが育成した群馬の苺です。

もう2月も終わりですが、「あ~2月が終わっちゃう~」という感覚は、どの月でも最近は無いです。なぜだろう?以前は、あぁ、もう1年の半分が終わっちゃった~。。なんて焦り?なのか、そんな気持ちになっていましたが、四季折々の農作物や樹木、お花を年間通して色々楽しめる♪そんな感じです。

それよりも、オリンピックが終わる・・方がちょっと寂しい。日本もそして韓国も盛り上がったでしょう、真央ちゃんとヨナ選手の良きライバルの戦い。真央ちゃんの存在が無ければヨナ選手もあれほどの高得点を得るほどの選手にならなかったのでは?なんて思います。演技終了後のインタビューに涙ながらにけなげに応えていた真央ちゃんの姿は、感動でした。




涙でもう一つ心を打ったのがトヨタの社長の感極まったお姿。鬼の首でもとったかのような「まってましたー」とばかりにふるまうAmerican・・・そんな風にみてしまうのは、日本人だから?or私がその会社に勤めていたひいき目から?(帝王学で学んできたのか?と思うような、社員の前で決して決して感情をあらわにしない一族の方の涙ですよ。・・・ごくごく少人数のpartyで、声を出して笑う現社長のお父様のお姿に『あ、こうして笑う事もあるんだ』と、思った記憶があります。私見ではありますが・・・)

確かに、リコールの対応遅れはあったものの、政治家のpropagandaのような気もして、オリンピック同様、愛国心が増してしまいます。世の中理不尽なことはつきものですが、「世界一にはなっても、アメリカ一にはなってはいけない」のが日本の車業界なのでしょうか。

日本の食糧自給率も高めていかないと、「言う事聞かなければ小麦粉や大豆やらないぞー」なんて、言われかねないので、こういう事が起きると改めて「国産もの摂取!」を強く思うのです。
[PR]
by megkitchen | 2010-02-27 10:24 | 野菜,フルーツ | Comments(0)
<< ツッカベッカライ カヌヤマ HOTERES JAPAN 2010 >>