ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

冬の野菜たち

e0145301_21114081.jpg
食べきれないほどの野菜が届きました。この他に、くわいとたけのこ白菜も、葉付き大根も!隠れて見えないけれど、紫人参や、生で食べられる春菊、日本ほうれん草などもありました。

この土がついているところが、なんともいとおしく思えてしまいます。

e0145301_21164465.jpg


大根&かぶ。
違いがわかりますか?

(こういうの意外と小学生は理解していたりします・・・)




聖護院ダイコンに聖護院カブ。
赤大根、赤カブ。
紅心大根。
あやめ雪カブ。

生で食べても美味しいものもあれば、煮ると甘みが増して美味しくなる品種もあります。

紫にんじんは、生で食べると、うさぎになってしまいたい程美味しいです。ゆでると色素沈着を起こします。
(つまり・・・試してみました・・・笑)
春菊やカブなどは、火を通して頂くイメージが強いですよね。今年の春にNZのパーティで、キッチンスタッフの方に「時間が無いので火を通す食材は扱えない」とカブを指摘されましたが、「あやめ雪カブ」は生で食べられる(しかも甘い)優秀なお野菜です。プロでキッチンに立つ人でさえも、知らないので、最近は知り合いに野菜を渡すときは「こういう食べ方が美味しいと思う」と添えるようにしています。でもあくまで「思う・・」です。味覚は人それぞれなので・・。逆に「こう食べたらおいしかった」と聞くとそれも嬉しかったりします。

写真の出来はいまいちですが、美しい彩のお野菜は、なんてきれいなのでしょう。。。あやかりたい。
[PR]
by megkitchen | 2009-12-17 21:34 | 野菜,フルーツ | Comments(0)
<< 越冬大根 食育授業 =横浜= >>