ブログトップ

彩菜日和

megkitchen.exblog.jp

タンデム

タンデム。二人乗りの自転車です。誰かがこいでいる後ろにちょこんと乗るのではなく、二人でこぐ自転車。この自転車を普及しよう!というイベントが本日外苑のサイクリングコースでありました。この自転車で公道を走るのはNGです。条例で許可をしている長野県が唯一はしれる都道府県でしたが、今年になって兵庫県も可能になり、山形県も可能になりつつあるそうです。

私も乗らせていただいたことがありますが(@長野県)、普通の自転車とまた違って楽しいです。スピードが出しにくいところもまた良いです。ペアで一緒に走る感覚もまた面白いです。この自転車をもっと多くの場所で乗れるようにしましょう・・・という動きは、視覚障害者の方のためだそうです。風を感じながら自分の足で自転車をこぐことが体感でき、皆さん本当に喜んでくれるのだそうです。

以前このブログでも書いた、電動変速機 DURA-ACE 7970。変速をするときにちょこっとレバーを触るだけで、ギアが変わっていくのです。昔から自転車に乗る人は「邪道」と思う人もいるのではないかと想像します。しかし、前述のタンデム自転車の話といい、自転車は健常者だけの乗り物ではないということ。



握力が極端に弱い人にとっては、電動変速機は画期的な開発。石井選手からそんなお話を伺いました。8年前の大事故の直後はほとんど握力がなかったそうですが、リハビリの成果もあり、電動Duraはまだ「必要ない(笑)」そうですが、周りには脚力はあっても握力が。。。。という方も多くいらっしゃるそうです。健常者が安全で快適に自転車で走れるように・・・も大切ですが、障害のある方々が「夢」や「希望」を持てるような環境作りはもっと大切なのですね。

11月には皇居前のパレスサイクル(毎週日曜日に皇居前の道路が自転車天国になる)で、タンデムイベントを行うようです。一人ひとりがマナーを守って自転車に乗れば実現もはやまるのでは!!
[PR]
by megkitchen | 2009-08-30 22:48 | 自転車 | Comments(0)
<< まこもたけ 自転車に乗ってみえること >>